【告知】「コスタリカの平和」について考える 歴史学の視点から(2018/12/13木@神戸)

投稿日:

■□■市民社会フォーラム第230回学習会のご案内■□■
「コスタリカの平和」について考える 歴史学の視点から 

日 時 12月13日(木)18:30~20:30(開場18:00)
会  場  元町映画館2Fイベントルーム
        神戸市中央区元町通4丁目1-12-2F TEL078-366-2636
講 師 小澤 卓也さん(神戸大学大学院国際文化学研究科教授 )
参加費 1000円
共 催 facebookグループ「どうぶつ会議 憲法編」

お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。

常備軍を廃止し、教育と医療、環境のために国家予算を振り分けてきたコスタリカ。
映画「コスタリカの奇跡」の影響もあり、再びコスタリカに注目が集まっています。
コスタリカの実際、その理念と覚悟の歴史を専門家をお招きして学びます。

■小澤卓也(おざわ・たくや)さん
1966年、東京生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士課程西洋史学専修修了(文学博士)。専門はラテンアメリカ近現代史(とくに中央アメリカ近現代史)。
現在、神戸大学大学院国際文化学研究科教授。
主要著書:『先住民と国民国家』(単著、有志社、2007年)、『コーヒーのグローバル・ヒストリー』(単著、ミネルヴァ書房、2010)、『ラテンアメリカはどこへ行く』(分担執、ミネルヴァ書房、2017)など。