【告知】伊藤千尋×志葉玲「ウクライナ危機から平和の道を考える」(22/10/30日@東京+ZOOM)

投稿日:

□■市民社会フォーラム第254回学習会のご案内■□■
         出版記念企画
        伊藤千尋×志葉玲
   ウクライナ危機から平和の道を考える

日 時 2022年10月30日(日)14:00〜16:30(開場13:30)
会 場 ワイム貸会議室 荻窪
    (東京都杉並区上荻1-16-16 ユアビルI 2階
    JR中央線・総武線・地下鉄丸ノ内線「荻窪駅」西口2分  
    https://www.nipponkaigishitsu.com/detail/print_map.php?id=468
参加費 1000円(ZOOM視聴含む)    
※ZOOM視聴は前日まで要事前申込(Pietix  https://hisen.peatix.com/  )、当日までに視聴URLをメールします。
 会場参加はお申込みなしで参加できますが、人数把握のために事前申込いただければありがたいです。
 お申し込み先 Pietix https://hisen.peatix.com/
 またはメール civilesocietyforum@gmail.com
主催・お問い合わせ先 市民社会フォーラム http://shiminshakai.net/
   メール civilesocietyforum@gmail.com
共催 あけび書房 http://www.akebi.co.jp/

 ロシアの侵攻による「ウクライナ危機」が長期化している中、
「台湾危機」を理由に日本の軍事力強化と改憲が喧伝されています
そして、核戦争の「終末時計」も100秒を刻んでいる人類的危機にある今、
私たちはどのような道を進むべきで、何をしなければならないか。
 あけび書房から『非戦の誓い 「九条の碑」を歩く』を出された伊藤千尋さんと、
『ウクライナ危機から問う日本と世界の平和』を出された志葉玲さんの講演・対談で、皆さんと課題をシェアします。

【プロフィール】    
■伊藤千尋 (いとう・ちひろ) さん
ジャーナリスト。山口県生まれ。朝日新聞記者として国際報道に携わる。サンパウロ支局長、バルセロナ支局長、ロサンゼルス支局長などを歴任。82か国を現地取材した。
退職後、フリーのジャーナリストとして取材、執筆、講演活動に邁進。
「九条の会」世話人、「コスタリカ平和の会」共同代表。
『世界を変えた勇気』(あおぞら書房)、『13歳からのジャーナリスト』(かもがわ出版)、『活憲の時代』(シネフロント社)、『燃える中南米』(岩波新書) 、『連帯の時代―コロナ禍と格差社会からの再生』『凛とした小国』『9条を活かす日本』(以上、新日本出版社)など著書多数。
■志葉玲(しば・れい)さん
パレスチナやイラクなどの紛争地での現地取材、脱原発・自然エネルギー取材の他、入管による在日外国人への人権侵害、米軍基地問題や貧困・格差etcも取材、幅広く活動するジャーナリスト。
週刊誌や新聞、通信社などに寄稿、テレビ局に映像を提供。
著書に『難民鎖国ニッポン』、『13歳からの環境問題』(かもがわ出版)、『たたかう!ジャーナリスト宣言』(社会批評社)、共編著に『イラク戦争を知らない君たちへ』(あけび書房)、『原発依存国家』(扶桑社新書)、『イラク戦争を検証するための20の論点』(合同ブックレット)など。