【告知】再生可能エネルギー中心の持続可能な社会を目指して(2019/8/31土@神戸)

投稿日:

■□■市民社会フォーラム協賛企画のご案内■□■
  非核の政府を求める兵庫の会 市民学習会

再生可能エネルギー中心の持続可能な社会を目指して

日 時 8月31日(土)15:00~17:00
会 場 兵庫県保険医協会6階会議室
講 師 和田 武さん(自然エネルギー市民の会代表、元日本環境学会会長)
参加費 1000円
主 催 非核の政府を求める兵庫の会  
 問合先・事務局 電話078-393-1833 shin-ok@doc-net.or.jp
協 賛 神戸YWCAピース・ブリッジ、市民社会フォーラム

  世界では脱原発傾向が主流となり、先進国では原発生産は多くが中止されつつあります。
日本でも東京電力福島第一原発の事故以来、電力買い取り制度を活用しつつ、一定の再生エネルギー生産が進んでいます。
この進展の最大の成果として、自治体ぐるみの方式や組合制度の活用で、住民の手に資本出資と管理運営を握って、成果を還元し次の発展を準備するところまで来ています。
自然エネルギー市民の会代表の和田武さんに脱原発に向けた再生可能エネルギー普及の現状・可能性・課題についてお話いただきます。  

■和田武(わだ・たけし)さん
京都大学工学部卒業、同大学院工学研究科修士課程修了。工学博士。元立命館大学教授、元日本環境学会会長。専門は環境保全論、資源エネルギー論。
主な著書『再生可能エネルギー100%時代の到来』(あけび書房)、『飛躍するドイツの再生可能エネルギー』(世界思想社)など。現在、和歌山大学客員教授、自然エネルギー市民の会代表。