【告知】『パレスチナ映画週間』@元町映画館(6/24土~6/30金)

投稿日:

■□■市民社会フォーラム第81回映画鑑賞会■□■
    『パレスチナ映画週間』@元町映画館
 
 ヨルダン川西岸地区とガザ地区がイスラエルに軍事占領され、今年の6月で50年。その節目だからこそ見てもらいたい作品たち。…
岡真理さん(京都大学大学院教授)監修で、『パレスチナ映画週間』が元町映画館で開催されます。

上映作品
『パラダイス・ナウ』
『オマールの壁』
『ぼくたちは見た』
『壊された5つのカメラ』
『自由と壁とヒップホップ』
『沈黙を破る』
『我々のものではない世界』
『Women in Struggle-目線-』

上映期間 6/24(土)~6/30(金)
※日替わり上映。上映期間中、岡さんによるトークあり。6/25(日)、28(水)
スケジュールは元町映画館のサイトでご確認ください。
スケジュール表

追悼鈴木清順

【岡 真理さんの言葉】
“占領は魂の破壊”ホロコースト生還者を両親にもつユダヤ人、サラ・ロイの言葉です。
ヨルダン川西岸地区とガザ地区がイスラエルに軍事占領され、この6月で50年になります。
「占領」という非常事態が、50年にわたりこの地の日常なのです。
人間の魂を破壊する占領の暴力とはいかなるものなのか。
占領のもとでパレスチナ人はいかなる闘いを生きているのか。
それを教えてくれる映画を1週間にわたり特集します。
今なお続くこの歴史的不正義に私たちの手で終止符を打つために。