【終了】スピリチュアリティと生活 ジェンダーの視点から(講師:橋迫 瑞穂さん 2019/2/2神戸)

投稿日:

■□■市民社会フォーラム第235回学習会のご案内■□■
スピリチュアリティと生活 ジェンダーの視点から

日 時 2019年2月2日(土)14:00~16:00(開場13:30)
会  場 元町映画館2Fイベントルーム
講 師 橋迫 瑞穂さん(立教大学社会学部兼任講師)
参加費 1000円
終了後、会場にて希望の方と講師を囲んだ懇親会を予定

お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.com まで

 パワースポット、占い、ヨガ、アロマセラピー、自己啓発本…目をこらすと「スピリチュアル」な商品や情報は意外なほど身近にあります。
「スピリチュアル」はわたしたち、特に女性を癒したり励ましたりしますが、時に健康を害するきっかけとなったり、金銭トラブルの基になったりもします。「毒にも薬にもなる」、それが「スピリチュアル」なのではないでしょうか。
 他方で、新しくて珍奇に見える「スピリチュアル」ですが、伝統宗教や戦後日本の価値観とも密接に関係しています。

一皮めくると、意外なほど複雑な要素が絡まり合っています。
 今回は、女性の健康、特に妊娠や出産を巡る「スピリチュアル」な商品や情報を取り上げてその内容を紹介するとともに、「スピリチュアル」が広まった社会的背景や、そうしたものとの付き合い方について考えていきます。

■橋迫 瑞穂(はしさこ・みずほ)さん
立教大学社会学部博士課程後期課程 修了(社会学博士)
立教大学社会学部他、兼任講師
専門はジェンダーとスピリチュアリティ
来年には、占い雑誌『マイバースデイ』を分析、検討した単著が刊行される予定。
趣味は読書、海外ドラマ、ゲームセンター通い。