【告知】山本太郎×藤井聡×松尾匡「本当に日本を再生できる みんなのための財政政策 Part3」(2019/1/19土@大阪)

投稿日:

 ■□■市民社会フォーラム共催企画のご案内■□■
        山本太郎×藤井聡×松尾匡
本当に日本を再生できる みんなのための財政政策 Part3

日 時 2019年1月19日(土)14:00~17:00(受付開始13:30)
会 場 NSビル9階    
      大阪市中央区谷町2-2-22  ビル1階はスターバックス谷町筋NSビル店  地下鉄「谷町四丁目」駅A-1出口3分
講 師  京都大学大学院 教授 藤井 聡さん
       立命館大学 教授  松尾 匡さん
講演後、山本太郎・参院議員と鼎談 
参加費 1,000円(資料代)
主 催 みんなのための財政政策シンポジウム実行委員会
共 催  大阪を知り・考える市民の会/市民社会フォーラム/NPO法人AMネット
連絡先 e-mail info@oogami-sr.com  FAX 06-6361-0232
終了後懇親会

 政府は2019年10月から消費税を8%から10%に増税する「予定」となっていますが、それは一年近くも先の話。場合によっては、「延期」「凍結」される可能性が十分あることをご存じでしたでしょうか?
 実際に増税されても私たちの暮らしには大して影響はないのでしょうか、それとも酷い影響がもたらされるのでしょうか?
 消費税を増税しなければ、社会保障や保育、教育の充実は難しいのでしょうか? それとも、消費増税するとかえって景気が悪くなって財政が悪化し、さらにできなくなってしまうのでしょうか?
 そもそも、消費税を増税しないと、ホントに日本は財政破綻するのでしょうか? 
 『「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を』(晶文社)を著した社会工学者の藤井聡さんと、『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学』(亜紀書房)を共著した経済学者の松尾匡さんに、消費増税が経済の停滞、場合によっては不況をもたらす破壊的なリスクについて講演いただき、消費増税に反対し5%に戻すことを訴えている山本太郎・参院議員をゲストに、「みんなのための財政政策」について考えます。

【講師等プロフィール】
藤井 聡(ふじい・さとし)さん
京都大学大学院工学研究科(都市社会工学)教授、京都大学レジリエンス実践ユニット長、ならびに現安倍内閣内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。1968年奈良県生駒市生れ。京都大学卒業後、同大学助教授、東京工業大学教授等を経て現職。専門は都市計画、国土計画、経済政策等の公共政策論のための実践的人文社会科学研究。著書『国民所得を80万円増やす経済政策』『国土学』『超インフラ論』『凡庸という悪魔』『大阪都構想が日本を破壊する』『大衆社会の処方箋』『巨大地震Xデー』等多数。朝日放送「正義のミカタ」、関西テレビ「報道ランナー」に解説者としてレギュラー出演中。

松尾 匡(まつお・ただす)さん
1964年、石川県生まれ。1987年神戸大学大学院経済学研究科入学、数理マルクス経済学の泰斗、置塩信雄に師事する。1992年、神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。1992年から久留米大学に奉職。2008年から立命館大学経済学部教授。主流派経済学を理解したうえで、数理モデル分析やゲーム理論を駆使できる、日本では数少ないマルクス経済学者の一人。近年はリフレ派ニューケインジアンとして、日本経済の批評を行っている著書『この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案』『自由のジレンマを解く』『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼』等多数。

山本太郎(やまもと・たろう)さん
1974年兵庫県宝塚市生まれ。1990年高校1年生時に芸能界入り。2011年3月11日に発生した東日本大震災の後、4月より反原発活動を開始。2013年7月、参議院議員選挙に東京選挙区より出馬、当選。2014年12月、政党「生活の党と山本太郎となかまたち」に合流し、共同代表。2016年10月、政党名を「自由党」に改称、共同代代表。現在、原発問題、労働問題、社会保障制度改革、表現の自由に関わる問題等に特に深く関わり活動中。