【動画】本田宏医師とコロナ禍から私たちの未来を考える―医療崩壊の背景と各国の対応から学ぶ―(2020/6/6土から3週連続@オンライン)

投稿日:

■□■市民社会フォーラム共催企画のご案内■□■
第2回「オンライン旅のサロン」
コロナ禍から私たちの未来を考える
―医療崩壊の背景と各
国の対応から学ぶ―

第3回 6月27日(土)18:00~19:30
     米国、独、キューバと何が違う、新型コロナ危機から私たちが学ぶべきこと
YouTube動画

プレゼン資料
③たびせんつなぐ2020.6.132027

※参考資料 明治維新についての本田宏さんの講演動画
①「前川本田対談」本田講演(30分)2020年11月29日
②「勝者が書いた明治維新」2020年1月27日 浦和スタンディング+のブログ、動画とパワーポイントの資料

第2回 6月20日(土)
キューバやデンマークの医療・高齢者福祉制度
YouTube動画


プレゼン資料

②たびせんつなぐ2020.6.132027

 

第1回 6月13日(土)
新型コロナ危機で明らかとなった脆弱な日本の医療とその歴史的背景
YouTube動画


プレゼン資
①本田たびせん・つなぐ2020.6.13,20,27

 新型コロナウイルスの感染拡大で「医療崩壊」の危機が言われるようになりました。
コロナ禍で露わになった日本の医療・社会保障はどうして貧弱なのでしょうか?
人々の命と生活を第一にする社会はどのようにしたら実現できるでしょうか?
 5年前に『医療崩壊はこれからやってくる』を著わすなど、日本の医師不足など医療崩壊の危機を警鐘されてきた医師の本田宏さんを講師に、キューバやデンマークなど海外の社会の在り方と日本を比較することも含めて、3回連続の講座を開催します。

【本田宏(ほんだ ひろし)さん ご略歴】
1979年医師免許取得後は36年間外科医として生活、最後の26年間は全国一医師不足の埼玉県の地域急性期病院(済生会栗橋病院)で勤務。
2014年に還暦を迎えたのを機に、2015年3月で外科医を引退、
医療再生のために情報発信活動に加えて市民活動等へ積極的に参加し、国民の幅広い連帯を目指している。
NPO法人医療制度研究会副理事長。
著書に『本当の医療崩壊はこれからやってくる!』(洋泉社)、『Dr. 本田の社会保障切り捨て日本への処方せん』(自治体研究社)など。

【ZOOM講義の開催方法】
 動画ソフトZOOMを用いて、講師と参加者を映像と音でつなぎます。
事前申し込み制で、申し込みされた方には前日までにZOOM読書会に参加できるURLをご連絡いたします。
ZOOMは初めてで不安、やり方がわからないという方には、スタッフがお手伝いいたします。
申し込み先・お問い合わせは「たびせん・つなぐ」にメール(info@tabisen-tsunagu.com)などでご連絡ください。

【主催・お問い合わせ先】たびせん・つなぐ
メール info@tabisen-tsunagu.com
ホームページ http://www.tabisen-tsunagu.com/
YouTubeチャンネル youtube.com/c/たびせん–つなぐ
Facebookページ https://www.facebook.com/tabisen.tsunagu/
Twitterアカウント https://twitter.com/TabisenTsunagu
instagramアカウント https://www.instagram.com/tabisen_official/
LINE公式ID @tabisentsunagu 
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町1-3-1 北村ビル302

【共催】市民社会フォーラム