【告知】韓国ドキュメンタリー映画『共犯者たち』上映会(2018/11/18日@神戸)

投稿日:

■□■市民社会フォーラム協賛企画のご案内■□■
 第46回 メディアを考えるつどい(2018)
   劇場公開前の先行上映会
韓国ドキュメンタリー映画『共犯者たち』

日程 11月18日(日)
    10:30 開場
    11:00 午前の部 開会あいさつ
    11:10 第1部 上映「共犯者たち」(1時間45分)
    13:00 第1部 上映終了
     (休憩)
    13:30 午後の部 あいさつ
    13:40 映画解説 岩崎貞明さん(メディア総研事務局長、放送レポート編集長)
    14:10 第2部 上映「共犯者たち」(1時間45分)
    16:00 トーク
    16:30 閉会
    ・午前と午後の2回、同じ映画を上映します。
    ・岩崎貞明さんの解説は1回のみです。
会 場 あすてっぷKOBE
     ・神戸高速鉄道「高速神戸駅」から湊川神社の西側を北へ徒歩3分
     ・JR「神戸駅」から北へ徒歩7分(地下道が便利です)
     ・神戸市営地下鉄 「ハーバーランド駅」から北へ徒歩7分、「大倉山駅」から南へ徒歩3分
参加費 1000円
主催 NHK問題を考える会(兵庫) 連絡先 090-5054-7171(西川)
協賛 市民社会フォーラム、メディア総合研究所、 神戸をほんまの文化都市にする会、
   神戸学生青年センター、 神戸芝居カーニバル、
   日本コリア協会・大阪、 NHK・メディアを考える京都の会、 神戸映画サークル協議会

「権力に媚びる放送か、国民のための放送か」

主犯は大統領、共犯者は権力におもねる放送人たち。
李明博(イ・ミョンバク)と朴槿恵(パク・クネ)、二つの保守政権の9年にわたる言論弾圧とメディアの存在意義をかけたジャーナリストたちの闘い。

韓国では、ろうそく革命による政権交代で新しい時代が開かれた。
この映画公開後、奇跡の大逆転劇が起こった。ストライキで不当解雇された崔承浩(チェ・スンホ)記者が公募によって公営放送MBCの社長に就任したのだ。
メディアの改革が始まっている。

韓国にはKBSとMBC二つの中心的なテレビ局があって、どちらも政権の干渉が強かった。
日本のNHKとよく似ているが、放送内容がモロに政権擁護になっていた。
社長も政権に送り込まれていた。放送記者も思いのままに入れ替えられ、解雇も自由、異動も自由という暗黒の職場に変えられた。
これに抗した放送労働者の生死を掛けたたたかいが始まった。
放送と労働者の自由と民主化を勝ち取る闘いだった。日本のNHK・民放労働者もこれに学んでほしい。

【お願い】
・午後は混雑が予想されますので、できるだけ、午前中においでください。
・午前の方で、午後の岩崎さんのお話を聞きたい方は「領収書」提示で再入場できます。