【告知】「憲法9条を活かした安全保障とは?」〝安全保障のプロ〟柳澤協二×〝憲法の伝道師〟伊藤真 featuring〝あすわか〟(2018/7/15日@大阪)

投稿日:

   ■□■市民社会フォーラム共催企画のご案内■□■
     憲法9条を活かした安全保障とは?
〝安全保障のプロ〟柳澤協二×〝憲法の伝道師〟伊藤真
       featuring〝あすわか〟
 
『憲法カフェで語ろう 9条・自衛隊・加憲』&
『9条「加憲」案への対抗軸を探る』出版記念イベント
日 時 7月15日(日)14:00~16:30 開場13:30 終了後サイン会
会 場 大阪市総合学習センター第1研修室
     (大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階)
パネリスト 柳澤 協二さん(元内閣官房副長官補)
           伊藤  真さん(伊藤塾塾長)
           弘川 欣絵さん(あすわか)
コーディネーター
          松竹 伸幸さん(かもがわ出版編集長)
参加費 1000円
主 催 あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)、市民社会フォーラム、かもがわ出版
事前申し込みなしにどなたでもご参加できますが、人数把握のために事前にお申込みくださればありがたいです。
 civilesocietyforum@gmail.com まで

 安倍首相が自民党総裁として昨年の憲法記念日に、憲法9条に自衛隊を明記する「加憲」で改憲発議を行う決意をしましたので、「憲法に自衛隊を明記する意味って何?」、「それで本当に戦争を防ぎ平和が保たれるの?」、あるいは、「かといって憲法を変えなくても本当に平和でいられるの?」などなど、
日本と世界の平和を真面目に考えたい人たちなら、護憲とか改憲とか関係なしに議論が大切ですね。
 そういうことを考えるための手掛かりとして、

市民目線で語られている『憲法カフェで語ろう 9条・自衛隊・加憲』(あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)・柳澤協二編)と、専門家や政治家の激論をまとめた『9条「加憲」案への対抗軸を探る』(伊勢崎賢治・伊藤真・松竹伸幸・山尾志桜里著)の出版を記念して、憲法9条を活かした安全保障について、ざっくばらんに意見交換いたします。
 お話しいただくのは、「自衛隊を活かす会」代表の柳澤協二さん、「司法試験のカリスマ」伊藤塾長の伊藤真さん、そして「あすわか」からは難民支援を通じて「人間の安全保障」の大切さを説く弘川欣絵さんです。

『憲法カフェで語ろう 9条・自衛隊・加憲 憲法カフェへようこそ2』
『9条「加憲」案への対抗軸を探る』

■柳澤協二(やなぎさわ・きょうじ)さん
 防衛庁運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長、自衛隊を活かす会代表。

■伊藤真(いとう・まこと)さん
 伊藤塾塾長・弁護士・法学館法律事務所所長・法学館憲法研究所所長、日弁連憲法問題対策本部副本部長世話人。

■弘川欣絵(ひろかわ・よしえ)さん
  明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)大阪支部共同代表。RAFIQ(難民との共生ネットワーク)共同代表。

■松竹伸幸(まつたけ・のぶゆき)さん
 かもがわ出版編集長。自衛隊を活かす会事務局長。日本平和学会会員、日本ジャーナリスト会議出版部会世話人。